BLOG

【英会話で使えると便利な一言】vol.1お肉の焼き加減

2019/04/07
ロゴ

こんにちは、川崎の英会話スクール、Canaryann Lab.(カナリアンラボ)です。 

桜も今週満開を迎え、いよいよ春本番といった感じですね。
季節の変わり目ですこし気温の変化についていけず、体調を崩してしまったのですが、桜の満開前になんとか、復活しました。とは言ってもまだ朝晩は肌寒い日もありますので、皆さんもお身体には気をつけてくださいね。

さて、今日は、元気を取り戻して食欲も出てきたところで、お肉を食べようと訪れたレストランでふとした一言が言えたら、、、そんな英会話のシーンをご紹介したいと思います。

お店で、店員さんから、

「お肉の焼き加減はどうされますか?」

と、聞かれて、私は日本人だから答えられたのですが、一緒にいた外国人のメイ先生は「??」という顔。
焼き加減自体はウェルダン、ミディアムレア、レア、など馴染みのある呼び名はいくつかあるのですが、これを聞くための質問ってなんだろう。。

とっさに、お肉の焼き加減を聞いてあげるにはどう質問したらよいでしょうか?「How do you want your meat done ?」
そう、実はそんなに難しい単語はないんです。grill(焼く)とかroast(焼く)とかの単語も使わず、焼き加減を聞くことができるんです。

他にも、
「How would you like your stake? 」
のようにもっとシンプルな聞き方もありますが、焼くって単語は使いません。

この一言が言えると、外国人の友人、お客様は気持ちよく食事できること間違いなしですね!